Home > Archives > 2009-11

2009-11

コストカット

みなさん「サイゼリヤ」というファミリーレストランをご存じでしょうか?

最近メディアでよく取り上げられています。

あいにく当事務所のある四国では店舗は無いと思いますので行ったことはないのですが・・・

 

テレビを見てますと印象としてはとにかく安い!!

ドリアが299円,エスカルゴが399円という驚愕のお値段!!

そしてお客様は「おいしい」という感じです。

 

なぜこの値段が可能かと言うと、徹底したコストカットにあります。

厨房は1人です、ありえません!!火、包丁は全く使いません!!

全国の店舗の食材の処理は、まとめて1つ(?)の工場でされています。

それをお皿に並べ、盛りつけをする。加熱は全て電気調理器です。

おいしさと値段を両立させるために、野菜も独自に作っています。

包丁を使わないのでトマトのカットは専用のカッターで行うのですが、

潰れないように、果肉(種の部分?)が少ないトマトも作っているそうです。

などなどでコストカットをし、安さと味を両立しているみたいです。

 

最近は「安い」ところが軒並み増収増益をしています。

ロープライス・ロークオリティーではなく、ハイプライス・ハイクオリティーでもなく、

ロープライス・そこそこクオリティーという感じでしょうか!?

「この安さでこのクオリティーなら」という物が売れます。

代表としてマクドナルド,ニトリ,ユニクロ等などがあります。

これを実現するためにはとにかくコストカットが鍵です。

それぞれ独自の方法でコストカットをしています。

 

最近はどの業種も収入が思うように伸びなくなっています。

保守的になるのでは無いのですが、企業も生き残らなければいけません。

国と同じで「無駄なコスト」「変えることができるコスト」は改善する必要があります。

それによってより良いサービスを提供するための先行投資ができ、

ニーズに合った「安くていい物」が提供出来るようになるのではないでしょうか。

この時代に収入アップの可能性が出てくると思います。

 

ちなみに神戸のお客様の訪問に行った際に、初めてサイゼリヤに行ってきました。

「ミラノ風ドリア」「エスカルゴ」「フレッシュチーズとトマトのサラダ」

を食べました。感想は・・・

前から「うん、いける」「ふつう」「いまいち、トマトはそこそこ」

ボリュームもありこれだけ頼んでなんと997円でした!!

総合的にはまさに「この安さで、この味だったら」という感じでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

年末調整の季節です

寒くなってきたと思ったら、また和らいできました。

11月とは思えない気候ですが・・・・・そろそろ・・・あれが・・

茶封筒 FROM 税務署。

そう、年末調整の用紙一式です。

毎年、従業員さんに書いてもらう例の用紙です。

今年は去年とほとんど変更点はありません。

右肩に○で囲んで 扶 とあるのが 扶養控除申告書

(ちなみに鳩山政権で出ている案が、この扶養控除を廃止するというものです。)

同じく右肩に だ円で囲んで 保・配特 とあるのが 保険料と配偶者控除申告書です。

保険会社から送られてくる保険料控除証明書のハガキを探してもらったり

21年の途中で就職された方は、前の職場の源泉徴収票を用意したり

意外と用意をするのに時間がかかったりしますので

どうぞお早めに 配布&回収 をされることをおすすめいたします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2009-11

Search
Feeds
Meta

Return to page top