Home > めぐみ会計スタッフブログ > 確定申告本日終了です。

確定申告本日終了です。

こんにちは、確定申告なんとか無事終了した一楽です。

今回確定申告をされた方の中に不動産の譲渡をされていた方が何人かいらっしゃいました。
不動産の譲渡による所得(利益)は他の所得と分離して税金が計算されます。
長期(所有期間5年超)の不動産所得は税率20.315%(住民税込み)
短期(所有期間5年以下)の不動産所得は税率39.63%(住民税込み)
不動産譲渡所得に係る税金は高額となりますので、税務署のチェックも厳しいものになります。

今回は不動産譲渡の譲渡対価でよくチェックされるポイントをご説明します。
不動産の譲渡対価は売買契約書の譲渡対価で良いのではないかと思う方もいらっしゃいますが
不動産譲渡には下記のものも譲渡対価に含まれますので注意が必要です。
①固定資産税の清算金(売却以降の期間の固定資産税を買主から受け取ったものです)
②賃貸物件の敷金、保証金の金額(賃借人から預かっている敷金、保証金を買主が負担する場合です。)

上記の2点は不動産売買契約時に一般的に行われる取引です。
売買契約書に上記に関する事項が記載されているのに譲渡対価に含めていない場合はチェックにかかる可能性が大きいです。

不動産譲渡は次年度で調整等ができない1回勝負の申告です。
来年も不動産譲渡の申告があると思いますが慎重に取り組んでいこうと思います。

末筆となりましたが、顧問先の皆様、今年も確定申告の資料の準備、各種質問のご対応にご協力いただきましてありがとうございました。また来年の確定申告もどうぞよろしくお願いいたします。

めぐみ会計 一楽

Home > めぐみ会計スタッフブログ > 確定申告本日終了です。

Search
Feeds
Meta

Return to page top