Home > めぐみ会計スタッフブログ

めぐみ会計スタッフブログ Archive

年金制度

厚生年金及び国民年金の徴収額の引き上げが2004年に設定した上限額に達したことにより一応終了しました。もう引き上げをしないとはどういうことでしょうか。まだ老齢人口は増えていき逆に労働人口は減っているというのに。そうです 給付を減らすということです。
年金制度を考えるうえで理解しなければいけないのは、制度の骨格です。
①国民皆保険 ②拠出型年金 ③賦課方式 つまり①すべての国民に適用する ②現状の国の予算から割り当てるのではなく別に社会保険として徴収して財源とする ③自分が積み立てたものを取り崩すのではなく、現役世代が収めた年金から支給される。
そもそも制度そのものの基本的なところに問題があるのではないでしょうか。③はもうこれ以上は無理というところまできています。少子高齢化の現状を考えると、積み立て方式に転換しなければという意見も出ています。でもそうでしょうか、私は③ではなく②が問題だと思います。日本は国のお金を財務省が一手に握っていますが、年金は前述したように拠出型なので特別会計として厚労省が徴収給付管理すべてを行っております。皆様も知っての通り社会保険事務はいい加減そのもので、過去にいろいろ問題があり徴収も給付も管理も全くダメです。これはやはり税金にして徴収管理を徹底して、給付は全員一律一定額で、今まで通りの賦課方式つまり相互扶助でいいと思います。一律一定の給付はある意味 今世界中で議論されているベーシックインカムといえるかもしれません。でも、人間一人が最低限度の生活を行うことができる金額は資産家もそうでない人も同じはずです。今現役世代が年金の支払いを渋っているのは、一つは強制徴収でないこと それと支払っても将来自分自身に最低限度の保証を年金がしてくれないのではという不安が大きいと思います。日本の政治は本当に頼りないです。少子化 農業自給率 エネルギー問題 何一つ 前に進みません。でも政治は国民一人一人の写し鏡ですので 我々国民の責任ですし そのツケも我々が払わなければならないのです。国民皆保険という制度は本当に素晴らしい制度だと思います。人間本来の一人で生きているのではなく、他との寄り添い助け合いで生かされているという気持ちを大事に他の国の見本となるような制度にしていきたいものです。Oでした。

最低賃金

めぐみ会計のMです。

最近、気温の変化が激しく体調を崩しやすくなっています。知り合いでも風邪をひいている方が多くいます。

この10月1日より、徳島県の最低賃金が740円から766円に引き上げられています。消費を促進するために賃金を上げることは重要かと思いますが、経営者側にとっては頭を痛める問題です。賃金は上げてもすぐにはそれを売り上げに反映させることは難しいかと思います。

大手飲食店では、人件費削減のために、券売機、セルフ形式にある程度しているようですが、そういった対応ができていない、もしくは、できない店舗には経費増による負担が重くのしかかります。

私も経営システムの改善等、様々な提案ができるようにしていきたいと思います。

定期的な運動を心がける

この前の連休に家族や知人と一緒に公園で遊ぶ機会がありました。子どもたちもいたので、キャッチボールなどをして走り回りました。有酸素運動はいいものだと感じたのですが、翌日は激しい筋肉痛に苦しむことになりました。

普段は椅子に座ったままの作業が多く、完全に運動不足な私には定期的な運動が必要であると改めて感じました。

徳島県内でもスポーツジムやパーソナルトレーニングジムなどの運動施設が増えてきたように思います。秋は運動を始めるのにちょうどよい季節です。

定期的な運動を取り入れ、健康寿命を延ばしていきたいと思います。

 

 

 

消費税の軽減税率制度

お天気の不安定な連休明け、急に肌寒い気候となりました。

残暑の厳しかった9月もあっという間に過ぎ、もう10月ですね。

 

さて、来年2019年10月1日より消費税率の引き上げがあります。

それと同時に消費税の軽減税率制度が実施されます。

課税事業者の方も、免税事業者の方も対応が必要となる場合がありますので、日々の業務や申告時の対応等、一度目を通していただければと思います。

軽減税率制度とは

 

軽減税率の対象品目、帳簿及び請求書等の記載と保存、対策補助金など、解説されています。

準備の必要な事業者の方も多いと思いますので、実施まで約一年、是非お早めに対策なさってくださいね。

 

今年も3ヶ月と少し

9月も半ばが過ぎ、今年も残すところ3ヶ月と少しとなりました。

早いもので、私の手元には年末調整用の保険料控除証明書が届きました。皆様のお手元にもすでに届いているかと思われますが、いかがでしょうか。

平成30年分より年末調整の書類の様式が変わっております。

平成30年分 給与所得者の保険料控除証明書(国税庁HP)

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書(国税庁HP)

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書(国税庁HP)

扶養控除等(異動)申告書は平成30年分を記載しておりますが、税務署からは平成31年分が送られてくるかと思います。

まだ年末調整まで期間がありますので、保険会社等から送られる証明書類は紛失されないようお気を付けください。

 

有給休暇

暑さも少し和らぎ、気候が大分過ごしやすくなってきました。

これから紅葉などを観に旅行の計画を立てる人も多いかと思います。

 

さて、2019年4月より有給休暇の取得が義務化されるそうです。

年10日以上有給休暇の権利がある従業員について、最低でも5日

以上は有休休暇を与えなければならないとのことです。

 

また、上記を違反した場合には、30万円以下の罰金が課せられる

そうなのでお気をつけください。

 

義務の対象となる人、ならない人について等この制度が始まる前に

一度詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

 

夏も終わり

夏が終わり、だいぶ涼しくなってきたかと思えば、まだ暑い日も続いておりますね。
過ごしやすい気候になれば、スポーツなどもよいですが、今年は読書の秋も良いかと思っています。

猫の殺処分の現状

今年7月16日、自宅前で白黒のハチワレ猫がバイクにはねられました。
不憫に思った両親が慌てて病院へ連れて行ったそうですが奇跡的に擦り傷程度だったそうです。(私、Oは不在でした)

我が家では既に黒猫を一匹飼っているのでもうこれ以上は…
と言ったところでしたが、なんだかんだ面倒を見ているうちに放っておけなくなり
家族として迎え入れることとなりました。

それから一か月後の8月10日、無事去勢手術も済ませ
今ではお世辞にも可愛いとは言えないほどのわんぱくぶりに家族全員(先住猫も)が手を焼いております。
ですがそれでも愛おしく思えてしまうのは、ペットを飼っている多くの人に分かってもらえることでしょう。笑

最終的には、オーソドックスに先住猫と同じお部屋でと考えており、
色々と猫について調べているうちに目に留まった記事がありましたので下記抜粋いたします。
よければお読みいただければと思います。
 

″平成28年度(2016年4月~2017年3月)、15,920匹の成猫と、29,654匹の子猫が殺処分されました。
猫の殺処分は、通称ドリームボックスと呼ばれる殺処分用の収容施設で5~20分かけて炭酸ガスで窒息死させます。一昔前は脳天をバットで叩き割ったり、「硝酸ストリキニーネ」と呼ばれる毒薬を用いた殺処分が行われていましたが、コストや職員の安全性を考慮して炭酸ガスによる窒息死が採用されるようになりました。

「ドリームボックス」とは、「眠るように安らかに旅立てる」という意味をこめて名づけられたようですが、こうした表現は動物を保健所や愛護センターに持ち込む飼い主の罪悪感を緩和してしまう恐れもあります。また動物愛護センターという名称自体も、「捨てた動物を職員が愛護してくれるんでしょ?」という単純な思い込みを助長する危険性をはらんでいます。結果として、飼い犬や飼い猫を安易に動物愛護センターへ連れてくる人が増えるのではないかと思えてなりません。
動物愛護センターは、猫や犬を一定期間保護した後、殺処分する施設という側面を持っているのが現実です。″

不幸な動物がいなくなることは、訪れ得ない理想でしかないのが現実かもしれませんが、
動物を家族として迎え入れた私にとって心が痛んだ現実であり、
私を含め現在ペットを飼っているすべての方が、ペットへの愛情と責任を必ず持つことで減らすことはできるのではないかと思うのです。

蚊の日

お盆が終わり、日が暮れるのが急に早くなってまいりました。

夏といえば蚊ですが、本日8月20日は蚊の日だそうです。

 

今年の夏は極端に蚊が少なかったように思いませんか?

毎年、人一倍蚊に刺される私としては快適な夏でした。

 

少ない理由として、気温が35度以上の猛暑が続き、活動が鈍ったためと

気温上昇により水たまりが少なかったためだとか。

蚊も動かなくなる猛暑だったようです。

 

蚊に限らず、動きが鈍らないよう気を引き締めるSでした。

お盆休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ではございますが、当社のお盆休業につきまして

下記のとおりとさせていただきますので、ご案内申し上げます。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

・お盆休業日
 8月11日(土) ~ 8月15日(水)

8月16日(木)より、通常業務を開始いたします。

ホーム > めぐみ会計スタッフブログ

Search
Feeds
Meta

Return to page top