Home > Archives > 2014-05

2014-05

季節は夏へと向かい始めています。

日々気温が高くなっていますが、天気予報で今日は「真夏日」となる

ところもあると言っていました。。。

 

通勤手段が自宅から最寄り駅まで自転車、最寄駅から徳島駅まで汽車、

最後は徒歩しかない私にとって厳しい季節となってきました。

 

ただ、徒歩もいいなと思う瞬間が時々あります。それは、

 

魚型のうろこ雲

 

真っ青の空

 

こんな空を見つけたときです。

そんなときだけ歩くのもいいなと思う森本でした。

 

 

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

保険活用の相続対策

新緑の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

消費税の増税から1か月以上経ちましたが、3%の増税がじわじわと負担に感じ始めた一楽です。

さて、消費税の増税も大きな改正の一つですが、平成27年1月1日に相続税の増税改正も控えています。
相続税対策として子や孫へ現金贈与をされている方が多くいらっしゃいます。現金贈与は当然、実際に現金を渡さないといけません。子や孫に大金を贈与することで子や孫の人生が変わってしまうのではないかと心配だという相談を良く受けます。

【子の将来のために毎年現金100万円ずつ贈与したいが、現金を子へあげると全額贅沢に使ってしまうので使用を制限したい!】
このような相談の場合に提案させていただいている対策として保険の活用をおすすめしています。
①子を「契約者:子」の年金型の保険に加入させます。
②現金を子名義の口座へ贈与します。
③②の口座から子の年金保険の保険料を支払います。
こうすることにより、贈与した現金は年金保険の保険料になり子が使用するのを制限できます。
数年後、年金受給開始の年齢になると子に対して年金が支払われるので子も将来助かると思いますし、年金が入ってくる度に親に感謝することでしょう。

デメリットとして、保険料の支払期間中に親が亡くなってしまうと残りの期間の保険料をご自身で払い続けなければ損をする場合が多いということです。

相続税を少なくすることだけに注目するのではなく次の世代に有効に財産を承継させることも大切です。

担当:一楽

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

気をつけて

突然ですが、さかもげができた時どうしてますか?
爪切りで切る?引っこ抜く?ほうっておく?etc
私は手っ取り早く引っこ抜く派です。
しかし、今回はこれが思わぬ事態に・・・
いつもだと2,3日少し指の痛みがあって治るのですが、
5日程経っても治らない。しかも指が腫れて痛みが酷い。
どうやらばい菌が侵入してしまいました。
膿もたまってしまい、針で切開する羽目に・・・
抗生物質を飲み、朝晩の塗り薬で回復してきました。
只今、指が脱皮中です。
抵抗力がおちていたのかな?
皆さんもさかもげにはお気を付けください。
これからは爪切りを使おうと思ったKでした。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ひらがな

今年のゴールデンウィークは1日だけ雨の日がありましたが
比較的いいお天気でしたね。
皆様それぞれゆっくり過ごされた方や何処かへお出かけになった方など
様々に過ごされたかと思います。

 

さて、最近は来年から小学生になる次男とひらがなのお勉強を
しております。
ただ、誰に似たのか左利きなので教えにくい・・・。

今のところ嫌がらずにお勉強してくれているので、
焦らずゆっくり楽しみながら教えていけたらと思います。
中野

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2014-05

Search
Feeds
Meta

Return to page top