Home > Archives > 2015-10

2015-10

東京モーターショー

小春日和の穏やかな日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

世間では、例年をはるかに上回る勢いでハロウィンが盛り上がっていますが、
私は、昨日から一般公開が始まった『第44回東京モーターショー2015』
をテレビで見て盛り上がっています!

今回、一番興味があるのは、
やはり「やっちゃえ!Nissan」のCMでお馴染みの
日産のコンセプトカー「IDSコンセプト」です。

自動運転機能が搭載されていて、全自動運転モードの時は
ハンドルを収納することもできます。
(この収納されるのが、またカッコいい☆☆☆)

自動運転の車、、、ドラえもんの世界の話で実現はずっと未来の事だと思っていました。
しかし、ニュースを見ていると技術的なことより
自動運転で事故を起こした場合の責任の所在について法的検討がはじまり、
2020年の実用化に向けての法整備が課題になっています。

すごい時代になってきましたね。
今後の動向を見守りつつ、更なる安全な車社会になることを期待したいです。

モーターショーは、車の展示だけでなく

最新技術や自動運転のデモ体験もできるそうなので、
機会があればいつか行ってみたいと思うYでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

37年ぶり!

早いもので10月も残すところあと2日、肌寒い風が強くなりどんどん冬へと季節の移り変わりを感じます。

でもそんな寒さを吹き飛ばす素敵なニュースが!

体操世界選手権、男子団体日本が37年ぶりに金メダルを獲得!!

予選や練習で負傷された選手もいましたが、本番のミスも含め見事に各々がカバーし序盤のリードを守っての金メダルでした。

団体戦で勝つことの難しさ、故に勝った時の嬉しさを語る白井選手がとても印象に残っています。

37年ぶりの金メダル、新たに歴史を作った選手たちの見据える先は来年のリオデジャネイロオリンピック、もちろん金メダル。

勝利の余韻に浸る間も惜しみ新たな課題と向き合う選手たち、結果だけでなくそれに伴った内容をと意気込む姿に感銘を受けました。

来年は満足のいく内容で結果を出し、心から勝利の喜びを味わう彼らの姿が見たいですね。

 

素敵なニュースに気分も高揚していますSでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ハロウィン

数年前から急にクリスマスのような一大イベントになってきているハロウィン。

去年の経済効果はなんと1100億円!
バレンタインデーの経済効果は1080億円だったみたいなのでもう追い越してますね!
今年は1220億円にもなりそうとのことです。

夏休みとクリスマス商戦までの間に何かを売りたいということから盛り上がってきたことだとは思いますが、どうであれ消費が促されることはいいことだと思います。

ニュースを見たら暗い話題が多い中、明るい話題はいいですね。

先日、早くも仮装パーティに参加してきたYでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

くるみんマーク

めぐみ会計のNです。

最近は秋らしくなり、朝晩はめっきり涼しくなってきましたね。

めぐみ会計が子育てサポート企業としてくるみんマークの認定をいただきました。

次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定した企業のうち、行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
これからも職員が仕事と家庭を両立できるよう、働きやすい職場 環境の改善をめざし取り組んでまいります。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ノーベル賞!

昨日、嬉しいニュースが飛び込んできましたね!

ノーベル生理学・医学賞に北里大学の大村智特別名誉教授ら3人の受賞が決定!

以下、大村智さんの事について少し調べてみました。

 研究者としては異例の経歴の持ち主。山梨県韮崎市の韮崎高ではサッカーや卓球、スキーに没頭。特にスキーは、大学生のときに国体出場したほどの腕前だ。58年に大学を卒業すると、教師として東京都墨田区の工業高校定時制に着任。理科と体育を教えた。生徒たちは、昼間、工場で働いた後に登校し、熱心に勉強していた。「自分も頑張らなければ」と一念発起。夜は教師を続けながら、昼は東京理科大の大学院に通い、分析化学を学んだ。

 微生物と出合ったのは助手として勤務した山梨大で、地元名産のワインの醸造研究に携わったのがきっかけだった。

 土の中にいる微生物を求め、日本中の土を集めた。静岡県伊東市のゴルフ場近くの土から見つかった「放射菌」と呼ばれる細菌がつくる物質で、未来の扉が開いた。アフリカなどの途上国を中心に年間3億人に投与され、人命を救う薬につながった。アフリカの医療に大きく貢献したことから「平成の野口英世」とも称されている。

 会見途中、安倍晋三首相から祝福の電話がかかってきた。「私の仕事は微生物の力を借りているだけ。私が賞をもらっていいものか」と謙遜。「微生物に手を貸しただけ」と話した。

 会見場は、報道陣のほか北里大の若い学生らで熱気ムンムン。大村氏は“未来のノーベル賞候補者”らに「自分は人の2倍も3倍も失敗している。失敗を繰り返してもやりたいことをやりなさい」とメッセージを送った。

同じ日本人がこうやって世界で輝いているのを見るのは嬉しいことですね。
Kでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

中秋の名月

27日日曜は中秋の名月でしたね。
朝は雲が多くてどうなることかと思いましたが、
午後からは晴天となりとてもきれいに満月が見えました。
ちょっと贅沢な和菓子を買ってお月見しました。
古来から続く風習、大事にしたいですね。

翌日はスーパームーン&皆既月食で自然界の事象が続きました。
皆既月食は日本は昼間だったため観察できなくとても残念でした。

イベントに便乗していろいろ食べたい食いしん坊なAでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2015-10

Search
Feeds
Meta

Return to page top