Home > Archives > 2016-12

2016-12

年の瀬

めぐみ会計のAです。

今年も残すところあと数日となりました。

この職業に就いてから、一年間がとても早く過ぎる様に感じます。

この時期は特に業務が立て込んでまいりますので、気づいたら新しい年を迎えていた…という気持ちになります。

来年は今の自分より成長し、更にお客様のお役に立てる様努力してまいります。

それでは、寒い日が続いていますが、皆様お身体にご自愛なさって良いお年をお過ごしくださいませ。

プーチン大統領来日

ロシアのプーチン大統領が来日されました。やっぱり遅刻してきました。
ここ数カ月 北方領土の返還実現化の機運が高まってきましたが、2島返還(歯舞 色丹)などとマスコミなどがこぞって報道しておりますが、本当にそうなるのか。はなはだ疑わしいです。
日本ロシア両国の思惑利害が一致して初めて実現となりますが、両国を取り巻く国際情勢は次期アメリカ大統領がトランプさんとなったことでちょっと変わってきました。中国ともいい関係を保っていますし、日本には悪い条件ばかりのような気がしますが。ロシアのようなしたたかな国に お人よしで危機感のない国の日本がどの国も同じ価値観で存在することを前提に外交していては またいいようにお金だけかすめ取られてしまいます。日本列島は地理的にとんでもない国にはさまれていますが、今までのようにアメリカの属国で安心して生きていけなくなってきております。そろそろアメリカから独立する時期かもしれませんが、だからと言ってただお金を渡すだけでは今までの中国や韓国との関係と同じで、単なる金づるとしか見られず本当の意味での有効な関係にはなれないと思います。やはり喧嘩を怖がっていて相手の言い分だけを聞くのではだめなのでは。安倍内閣には国家としての姿勢をどの国にも堂々と言える外交をしてほしいです。
Oでした。

クリスマスイルミネーション

今日は空気も冷たく、冬を実感する朝でした。

今年は例年にない気温の変化に、なかなか身体がついていきません。

体調を崩されている方も多いと思います。

無理はなさらずに、身体を早めに休ませてあげてください。

 

さて、クリスマスの季節がやってきました。

徳島県でもたくさんの場所でイルミネーションがされ、冬の夜を彩って

います。ここ数年で、イルミネーションを行っている施設は非常に多く

なってます。街中だけでなく、動物園や遊園地、観光名所など様々な場

所で工夫を凝らしたイルミネーションを見ることができます。

人々が関心を持ち、その場所に行くチャンスとなるイルミネーションは、

計り知れない経済効果をもたらすのでしょう。

 

私も今年こそは今まで行ったことのない場所のイルミネーションを見に

行きたいと思います。暖かい恰好をして風邪をひかないように。

 

Mでした。

 

 

 

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ではこざいますが、当社の年末年始休業につきまして
下記の通りとさせていただきますので、ご案内申し上げます。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

・年末年始休業日

平成28年12月29日(木)~平成29年1月4日(水)

1月5日(木)より、通常業務を開始いたします。

 

結婚式

手足が冷たくなり、防寒具をそろそろ引っ張りだしたい季節になりましたね。

先月、友人から結婚式の招待状が届きました。
新郎新婦ともに大学の同級生で、サークルも一緒という、四年間大変お世話に
なった方々です。
籍はすでに入れているのですが、この12月に改めて式を挙げることになった
そう。
今は県外にいるので、二人に会えるのがとても楽しみです。

さて、12月に籍を入れたり、赤ちゃんが生まれたりする方。
前年に提出した年末調整の扶養控除申告書には、配偶者や子供の記載が
されていないと思います。

その場合、今年の年末調整の際に、昨年提出した今年度分の扶養控除
申告書に訂正して、扶養の追加を忘れないように。

年末調整はその年の12月31日の現況にて、扶養などの判定を行います。
もし今年、すでに年末調整の書類を提出した後で、変更などあった場合は
会社に速やかに申し出て下さい。

その際は、追加した扶養の方のマイナンバーもお忘れなく。

そっと懐にホッカイロを忍ばせているSでした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

対応力

JR博多駅前で発生した大規模な陥没事故。
まずこのニュースを初めて見た時、日本で起こっている事故とは思えなく、驚きました。
地下鉄七隈線の延伸工事に伴い、福岡市博多区の現場付近の地下ではトンネルを掘る作業を
行っていて、事故当日の午前5時頃に水が流れ込んだため工事を中断したとのことです。
事故原因は、現場付近の地下で行っていた延伸工事に伴って下水管を移設するための掘削工事
だったということです。
工事中断後、作業員による通報で付近を通行止め。その直後、陥没が起きたということです。
幸いにも、陥没による直接の負傷者はいなかったということです。

事故が起こってしまった事に驚きましたが、その後にも驚きました。
事故が起こってからわずか1週間後には、無事に通行再開にこぎ着けたとのことです。

事故は起こらないことが一番ですが、起こってしまった後の判断・行動(対応)で
その後が変わってくるのだと、このニュースを見て思いました。
今回の事故で、たくさんの人に影響は出てしまったと思いますが
事故後の対応は素晴らしいと思いました。
復旧作業に携わった方々が事故に対応できた力は
日々の積み重ねがそのまま現れていたのかもしれませんね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

配偶者控除

気温の変化が激しい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は見事に風邪をひいてしまい、喉のイガイガに耐える日々を送っています。

先日、新聞の一面に政府税調中間報告の記事が掲載されていました。
簡単にまとめると、世帯主の所得が1千万円以下の世帯の配偶者控除を現在の103万円以下から150万円以下へ緩和し、2017年度税制改正で制度設計を詰めるというものでした。
扶養の範囲内に納まるように年収を103万円以下に抑えて働いている方は大勢いらっしゃると思いますが、この案が可決されれば所得税の扶養の範囲内に納まる月給が平均4万円上がることになります。
月給が上がるということは、その分労働時間が増えるということになります。現在、従業員数500人以下の社会保険適用事業所で働くパート・アルバイトの方は、1週間の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が一般社員の4分の3以上であれば、社会保険に加入することになっています。
年金問題が騒がれている昨今、厚生年金に加入する方が増加するのは喜ばしいことですね。
ですが、もし所得税の扶養と並行して社会保険の扶養範囲内を意識している方がいらっしゃれば、労働時間を気にかけながら働く日がくるかもしれませんね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2016-12

Search
Feeds
Meta

Return to page top