Home > Archives > 2017-04

2017-04

新年度

新年度がスタートしました。

毎年この時期に家庭訪問がありますので、年末以上の大掃除をします。

普段は飾らない所にお花があったりもします。

やっぱりキレイにすると気持ちがいいですね。

ずっとこの状態が保てたらいいのですが・・・。

 

今年は桜の満開の時に雨が多くてお花見に行けませんでした。

でも、葉桜も満開の時とは違った魅力がありますので、今年は葉桜を見に行きたいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo)

法改正により、今年1月から新たに
公務員・専業主婦・企業年金加入者も対象となりました。
何年も先のことって実感わかずに過ごしていましたが、
老後に向けた資産形成の一つとして、思い切って今月加入してみました!

メリットは、
○掛金が全額所得控除
○運用益が非課税
○受取時、公的年金等控除・退職金控除の対象

デメリットは、
○運用商品によっては元本割れの可能性(株や投資もありますよね)
○口座管理手数料がかかる(これ以上の運用益を見込むことが必要になりますね)
○原則60歳まで引出が不可能(手元にあるだけ使っちゃう人にはいいですね)

どうせ60歳まで引き出せないしということで、
リスクある商品の割合を多めに選んで攻めてみたAでした。

平成29年度税制改正概要

今回の改正の概要及び主要項目は以下のとおりです。

【個人所得税】
改革第1弾として、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが行われ、今後数年をかけて基礎控除をはじめとする人的控除等の見直し等が行われる。

【資産税】
財産評価において相続税法の時価主義の下、実態に即した評価を行う見直しが行われ、また、国際的な租税回避への対応や事業継承に関する税制の見直しが行われる。

【法人税】
経済再生に向けた税制措置として、研究開発税制、所得拡大促進税制の見直し、中堅・中小事業者の支援強化のための設備投資減税の拡充、コーポレートガバナンス改革・事業再編の環境整備が行われる。

以上簡単にまとめてみました。

米中首脳会談

いよいよ、本日よりアメリカはフロリダにあるトランプ大統領の別荘で世界の二大大国の首脳が会談するみたいです。会談の主要な議題は北朝鮮問題と貿易赤字です。
アメリカとしてはやはり北朝鮮みたいな非常に不安定で現状の国際的立場に不満がある独裁国家が核を保有しそれを実際に使用する技術を持つことは容認できないでしょうが、中国はちがいます 日本みたいにアメリカの下手に回るつもりは毛頭ありません。本気で世界をアメリカと分け合おうと考えておりますからその境目にある北朝鮮をアメリカに売ることは絶対にありません。ただし、戦前の日本のようにアメリカと真っ向勝負で戦うような無謀なことは絶対にしません。トランプ大統領はビジネスマンですからもう一つの課題の貿易赤字 つまり、アメリカ製の車を中国に買ってもらいたいという経済と安全保障をどうバランスさせていくかでしょうね。
中国は日本みたいにお人よし国家ではありませんから、非常に難しいですよ。ついに世界の狐と狸がせめぎあいをする時代になってきました。この2日間注目したいですね。Oでした。

上場株式等の住民税の課税方式について

こんにちは、めぐみ会計のAです。
2016年12月8日に公表された「平成29年度税制改正大綱」により、上場株式等の住民税の課税方式が事実上見直されることが明らかになりました。
一定の所得の層の方の上場株式等の配当所得について、所得税と住民税で異なる課税方式を取ることにより納税の額を抑えることができるようになりました。
概要は下記のとおりです。

◆上場株式等の配当所得については、従前より、申告不要制度・申告分離課税・総合課税の選択について納税者が任意に選択できたが、所得税と住民税で異なる課税方式を選択することも可能であることが明確化された。
特定公社債等の利子所得および源泉徴収ありの特定口座内の上場株式等の譲渡所得等における申告不要制度と申告分離課税の選択においても、同様である。

◆所得税と住民税で異なる課税方式を選択することが納税者のメリットとなるケースは主に2つある。
1つは、上場株式等の配当所得について所得税は総合課税、住民税は申告不要制度(または申告分離課税)を選択することで住民税の税負担を抑えられるケースが挙げられる。
もう1つは、所得税は申告分離課税で損益通算や繰越控除を利用する一方、住民税は申告不要制度を選択し国民健康保険料等の増加を抑えられるケースが挙げられる。

◆これらの改正は2016(平成28)年分の所得に対する確定申告から適用できる。
ただし、所得税と住民税で異なる課税方式を選択するには、所得税の確定申告書を税務署に提出する日の前日以前に、別途、住民税の申告書を市区町村に提出する必要がある。

健康診断

4月に入りましたが、朝晩はまだ寒さを感じる時があります。またインフルエンザが流行っていると聞きました。私はインフルエンザだけはかからない自信があります。まったく根拠はないのですが、自信があります。もらいやすい方は気を付けて下さい。

この間、会社から健診のお知らせを頂きました。昨年は有名人の方の乳癌の発表があり、乳癌健診の大切さ、マンモグラフィだけではなくエコーも合わせてした方がいいなどと聞きました。まだどちらも受けたことがないので今年は受診しようかと思います。
昨年の健診で初めて胃カメラをしました。まったく苦しくない、という方もいれば、かなり苦しい、という方がいました。両極端の話を聞き、緊張しながら受診した私は苦しいと思う方でした。先生の説明よりも早く終わってほしい、と思う気持ちでいっぱいでした。苦しかったですが、今年も受診します。やっぱろ健康が一番です。今年1年も元気に仕事ができるように健康には気を付けようと思うKでした。

保険料率

 平成29年4月より雇用保険料率が引き下げられております。
 3月までは労働者負担の保険料率が4/1,000でしたが、今月より3/1,000に変更になっておりますので、給与計算の担当者は注意が必要です。
 また、協会けんぽの保険料率が3月分(4月納付分)から変更になっており、月遅れで社会保険料を徴収している事業所様では4月分給与から金額を変更することになります。
 徳島県では介護保険料率のみが変更になっていますが、都道府県によって保険料率が違う(大阪府では健康保険料率も変更になっています)ので、他県の事業所の給与計算をされている方がおりましたら、注意しないといけませんね。

お花見

お花見のシーズンがやってまいりましたが、残念ながらこの週末は晴天には恵まれそうにありません。

私は今までは晴天の日にお花見をすることが多かったのですが、夜桜や雨上がりの桜を見るのも晴天の日とは雰囲気が違って良いかもしれません。
桜は1年の内限られた時にしか見られないので、お花見に行きたいと思います。

Home > Archives > 2017-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top