Home > Archives > 2018-11

2018-11

年末調整セミナー

先日、税理士事務所を対象とした年末調整のセミナーに参加してきました。
主に改正点についてのセミナーだったのですが、今年の目玉は配偶者特別控除の引き上げでした。

給与所得のみであれば最大201万円までの方であれば控除を受けることができるようになります。これによって、該当される方がグッと増えてくると思われます。

ただ、配偶者控除が引き上げられたわけではないので、ご主人様の会社の家族手当の条件等によっては結局103万円までしか働けない「103万の壁」に阻まれる方も多いと思われます。他にも、社会保険の扶養に入るために130万円以下に抑える「130万の壁」など様々な壁がありますね。

Kでした。

個人年金保険料控除

年末調整の時期ですね。
税務署より年末調整についての案内が届いているようです。
今回その中の個人年金保険料控除について。
本人の認識では個人年金保険。そのためか個人年金保険料控除欄に記入してくださっているのですが、契約内容により一般生命保険料控除対象となっている保険を稀に見受けます。
個人年金保険料控除ができなくてもったいない!
(一般生命保険料控除対象保険は別に加入していることが多いため)

個人年金保険はすべてが個人年金保険料控除の対象となる訳ではありません。
対象となるのは、下記の要件と個人年金保険料税制適格特約を付けていることです。

  • 年金受取人が契約者または配偶者のどちらかであること
  • 年金受取人は被保険者であること
  • 保険料を支払う期間が10年以上であること
  • 年金受取開始が60歳以降で受取期間が10年以上であること

今後、控除目的もありで加入する方は気を付けてください!

Aでした。

Home > Archives > 2018-11

Search
Feeds
Meta

Return to page top