Home > Archives > 2019-03

2019-03

労働生産性

めぐみ会計のMです。

だいぶ暖かくなり、気候としては良い季節になってきました。

お客様に訪問したときの相談が人に関する悩みが多くなっています。
少子高齢化の影響か、労働市場が売り手市場になっているため、なかなか良い人材に巡りあえない状況ではないしょうか。

少ない人手で回していくために業務の棚卸と業務の選別は必須になるかと思います。労働生産性を言われて久しいですが、今後、労働生産性を向上されることは重要かと思います。
労働生産性とは、事業で生み出される付加価値を従業員で除するのが計算式ですが、ざっくり言うと、職員1人当たりが生み出す売上だという考え方です。
他と比べてこの数値が高い低いかどうかが重要ではなく、現状の数字からどれだけ高めることができるかが重要なことかと思います。

業務効率化のソフトを安易に導入する場合がありますが、そんなに簡単に効率化はされません。逆に手間が増える可能性が高いです。するとすれば、業務の片手間ではなく、プロジェクトで専属な職員を配置するぐらいしなければ逆効果になります。

私も色々効率化ソフトを試していますが、なかなか効率化できないのが現状です。
少しづつでも改善できるようにしていければと思います。

今年も確定申告が終わり、そろそろ桜のつぼみが咲き出す季節となりました。
毎年この時期は繁忙期が無事終わり、5月まではひと休み、気持ちが落ち着く季節です。
3月は出会いと別れの季節でもありますが、春のイベントは盛りだくさん、見頃は今週末から来週あたりとのことで、恒例のお花見に出掛けたいと思っているMでした。

終わらない日々

昨日は、肌寒い中とくしまマラソン走られた方、お疲れさまでした。
日々暖かくなるのと同時に目が痒くなっているAです。
ついに花粉症に罹患したかっ!?と恐々となっております。

先週確定申告が終わりました。
ほっと一息だけついた後は、元号変更・消費税率引き上げと仕事への影響余儀なくされることが続きますね。
みなさま準備万端に!

Home > Archives > 2019-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top