Home > Archives > 2019-04

2019-04

新紙幣デザイン

もうすぐ「令和」の時代が始まりますね。
私は年号が変わる瞬間を初めて経験するので気持ちが少し浮ついています。
そして新年号の発表に続き2024年に紙幣のデザインが新しくなることも発表されましたね。

渋沢栄一が一万円札に、津田梅子が五千円札に、北里柴三郎が千円札にそれぞれ採用され、3紙幣の刷新は現紙幣の流通が始まった2004年以来、20年ぶりであるようです。

みなさんは紙幣の気持ちになったことはありますか?私はこの紙幣の新デザインのニュースを見たときに二千円札の気持ちになりました。”みなさん私を覚えていますか?”と。”どうもご無沙汰しています。あのミレニアムに産まれた二千円札です”と。

こう書いていますととても自分が妙な人間に思えてきましたが、今から73年前に同じく紙幣の気持ちになった妙な人間が居ます。太宰治です。

太宰は昭和21年に『貨幣』という小説を発表しました。『私は、七七八五一号の百円紙幣です。』から始まる小説の主人公は正にこの冒頭の百円紙幣です。百円紙幣の視点から描かれる戦時中の金銭感覚、人間模様…とても短い小説ですが読後に優しさとざらつきを感じるとても不思議なお話です。

ところで私のお財布に入ってくる紙幣はすぐに何処かへ行ってしまうのですが何故でしょうか?居心地が悪いのでしょうか?もしかしたら二千円札とならうまくいくかも!なんて平成の終盤かなり浮ついているYでした。

自動車税等の減免について

先日、医療法人のお客様より福祉車両を導入するとのことでご相談を頂きました。
内容としては、福祉車両に関する優遇税制について教えて欲しいとのことでした。
福祉車両には、認められる装備があるものに対して、消費税(非課税)・自動車税・自動車取得税が減免される制度があります。
※自動車税等については、自治体によって制度が異なり、減免されない場合もございます。
対象車両等や手続きについては、福祉車両を扱っているディーラーであれば把握されてますので、 購入時には対応頂けると思います。
また、福祉車両に関しては助成金を受けられる可能性もありますので、併せて検討してみてはいかがでしょうか。

新年度

新年度を迎えて新入学,新社会人などフレッシュな時期ですね。
私の姪も、志望校に無事合格し、晴れて高校生になりました。
お客様の御家族の嬉しい報告も多数拝聴しております。
お祝い事は身内,他人問わず嬉しいものですね。
幸せのおすそ分けをいただき、つい顔がほころんでしまいます。

平成最後のお花見に行きそびれて、まだ咲いている桜を模索中のKでした。

新元号

ついに新元号『令和』が発表されましたね。

日本で記された国書に由来する元号は初めてだそうです。
万葉集にある歌の序文「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」
から二文字をとった。とされています。

平成も残りわずかとなってしまいましたね。
少し寂しいですが、令和になってすぐに東京オリンピックが開催されますね。
どんな時代になるのか楽しみです。

昭和の時代が懐かしいFでした。

Home > Archives > 2019-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top